走行音の「牟岐海岸鉄道」

走行音の「牟岐海岸鉄道」ブログ

2020年度収録予定

今シーズンも終わりということで来シーズンの収録予定をメモしておきます。

●来シーズン必ず収録しようと考えているもの

五能線
秋田内陸縦貫鉄道

箱根登山バス 小田原→桃源台→湖尻
箱根登山バス 箱根湯本→畑宿→元箱根
伊豆箱根バス 熱海駅←→大場駅
東海バス 下田←→松崎

●来シーズン中にできれば収録したいと考えているもの
 

 
103系 播但線(機会があればリベンジしたい)

秩父鉄道 元東急
小田急 30000更新
メトロ 7000系
メトロ 8000系

阪急 7300系更新
阪急 8300系IGBT
阪神 8000系
阪神 9000系
京阪 1000系
近鉄 22000系
近鉄 22600系

四国内気動車特急

阿武隈急行 8100
 

●いつか収録しようと考えているもの

東北本線 郡山→仙台
奥羽本線 秋田→青森快速
205系 浜川崎支線・鶴見線
 
373伊那路・ふじかわ
211(2連)・213
 
芸備線 広島~三次・新見→備後落合(快速)
 
東武東上線 快速急行
阪神 9300系
大阪メ 66系GTOIGBT
 

f:id:shikoku-saburou:20200702072806j:plain

おすすめ走行音リスト

旅行に行きたくても行けない…

退屈な毎日を送る貴方に捧げるオススメ走行音リスト

 

当HPで公開中の1時間以上の走行音をメインに記載しています

 

長時間走行音(停車駅少なめ)

 f:id:shikoku-saburou:20200420135050j:plain

 

長時間走行音(停車駅多め)

 f:id:shikoku-saburou:20200420135140j:plain

 

インバータ音を楽しむ

 f:id:shikoku-saburou:20200420135214j:plain

 

なつかしのサウンド

 f:id:shikoku-saburou:20200420135255j:plain

 

 

四国三郎の俺的走行音ランキング(2019年収録分)

平成最後で令和最初の年となった本年もお付き合いありがとうございました。

ということで恒例の、2019年の走行音を格付け。

 

未公開のものもありますが、近日公開しますので待っててくださいね。

 

2019年はプライベートでも仕事でも色々アンラッキーなことが多かったのですが、音鉄的には割とアタリ年な気がします。震災により行けなかった北海道も、今年は行くことができました。

来春には2人目の子供が生まれる予定なので、こんなにフラフラできるのも今年まで…?

 

 

●10位 485系700番台 羽越本線 快速きらきらうえつ 新潟→酒田

今月引退したきらきらうえつ。指定席全席完売(私が最後の1席)という混雑っぷりでデッキ収録以外選択肢がなかった。寒いデッキで3時間近く立ちっぱなしは辛かった。

f:id:shikoku-saburou:20191220133627j:plain

 

●9位 719系 常磐線 仙台→原ノ町→浪江

数年前は狭軌仕様の719系もたくさん走っていたのに今となっては風前の灯火で、仙台口では常磐線で1運用残るだけとなった。もうこの機会を逃すと引退してしまいそうな気がしたので年始にチャレンジしてみた。一度収録ポジションを車両の反対側に移動しただけで、概ねいい環境で収録できた。

f:id:shikoku-saburou:20191220133659j:plain

 

●8位 東急8500系 田園都市線 急行 中央林間→渋谷

仕事終わりのフォロワーさんを呼びつけて一緒に収録。元TOQ-BOX編成で自動放送つき。良好な環境で、豪快なモーター音を奏でながら渋谷へ快走。

 

●7位 105系 和歌山線 粉河→五条→高田

秋に和歌山線から105系が撤退するとのことで、シーズンぎりぎりの5月に粉河始発の五条行きを狙ってみた。ついでに五条から高田までも収録できた。両方ともいい環境。

 

●6位 キハ185 牟岐線 特急むろと 徳島←→牟岐・海部

3月で減便となったむろと号。牟岐線を1日中ひたすら往復して収録した。

いい環境は嬉しいのだが、言い換えれば減便されても仕方ない乗車率ということなので、なんだか乗っていて辛かった。

 

●5位 313系2600番台 身延線 臨時快速 身延→甲府

台風で中央東線が被災して運休となったため、それの救済として運転された臨時列車。

最終の下り身延行きに接続する、深夜の便で列車全体で5人だけの利用。私が乗っていた車両は貸切。甲府までノンストップで走る。片道2時間半かけて車を走らせた甲斐があった。

 

●4位 東急8500系(8642F) 田園都市線 長津田→渋谷

皆さんもご存じの42F。数年前から引退が噂されていて、以前から収録したいとは思っていたものの、なかなか私の休日に収録できそうな運用に入ってくれなくて半ば諦めていたが、やっと今回チャンスが来た。途中乗客も多く、話し声が入る区間もあったが目立つ会話はなく割と満足のいく環境で収録できた。渋谷からは客が入れ替わり、ウルサイのが乗ってきたため録音終了。

f:id:shikoku-saburou:20191220140701j:plain

 

●3位 キハ54 500番台 石北本線 臨時快速 旭川→北見

金曜と日曜に設定されている臨時快速。ネットで情報を集めた段階では、いつまで走るかわからない利用状況のようだったので今年の北海道旅行ではぜひ収録したいと思い、2回チャンスを設けていた。金曜の収録では乗客自体は少ないものの、グループがいたためボツ。おまけに上川で先行の特急がクマをはねて、その影響でこの快速まで運休にになりタクシー代行となるハプニングつき。

日曜の収録では同じくらいの乗車率だったが、殆ど単品客で静かな環境だった。乗客は減る一方と分かっていたが3時間もの収録は精神的にこたえた。

f:id:shikoku-saburou:20191220141327j:plain

 

●2位 近鉄23000系 伊勢志摩ライナー 賢島→大阪上本町

以前から収録したかったこの系列。上品なGTOサウンドが私のお気に入り。減速時の変調音が特にオススメ。

昼の便で使用されている、デッキの車販カウンターに機材を置いての収録。賢島行きも同じ場所で収録したが、ケータイ通話に阻まれそちらはボツ。上本町行きではケータイ通話もなく、主要駅停車前・停車中にすこし騒がしくなる程度で非常に満足のいく環境で収録できた。

 

●1位 415系800番台 七尾線 金沢←→七尾

来年には新型の投入が始まり、愈々終わりが近づいてきた415系800番台。七尾行はモハで、金沢行はクモハで収録。往路は20時ごろの便のため帰宅客が多く乗車。収録は厳しいなと思っていたが鼻すすりや会話も殆どなく奇跡のような環境。もしかして乗客全員音鉄中なの?と思ってしまうくらい。パン下収録のため津幡発車後のABBの「バシューッ」っという大きな音もハッキリきこえる。

復路は勿論ほぼ貸切状態。座席下のビビリ音の対策と温風ヒーターに悩まされたものの、納得のいくレベルには仕上がった。

f:id:shikoku-saburou:20191220142107j:plain

 

2020年も牟岐海岸鉄道をよろしくお願い申し上げます。

士別軌道 モノコックバス

士別軌道 モノコックバス K-RC301P

1982年式 82009号車

 

全国にたった4台だけ残る現役モノコックバスの走行音を収録するべく、士別に行ってまいりました。

今回乗車したのは士別軌道の82009号車。

全国で唯一定期運用を持つバリバリ現役です。

朝、30線西3号から士別までの片道を走ったのち、昼に士別から朝日まで1往復します。

今回はそんな82009号車を1人で貸し切って、士別から30線西3号を往復したのち、再び士別から温根別までを往復していただきました。

温根別方面へは小さな峠を2つ越える必要があり、バスはシフトダウンしながら必死に坂を上っていました。

ついでに写真も撮ったので一部お見せいたします。

走行音は牟岐海岸鉄道で聴いてください。

f:id:shikoku-saburou:20190924124228j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124256j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124325j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124301j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124303j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124306j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190924124308j:plain

今回の収録にご協力いただいた士別軌道様にはこの場を借りてお礼申し上げます。

和歌山線105系 間もなく引退

とうとう和歌山線105系が9月末に置き換えられますね。

ということで、5月に収録してきた105系の走行音を公開していきます。

 

乗車時間が長いわりにオールロングシート105系。18きっぱーや大回り乗車する人の嫌われものでしたが、いざ引退となると寂しいもんですね。

f:id:shikoku-saburou:20190831140559j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140613j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140640j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140704j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140751j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140823j:plain

f:id:shikoku-saburou:20190831140839j:plain

 

来シーズン収録予定

今シーズンも終わりということで来シーズンの収録予定をメモしておきます。


●来シーズン必ず収録しようと考えているもの

秋田内陸縦貫鉄道
415系七尾線(済)

413系北陸線(済)
地鉄電車(済)
南海 天空(済)
西武ラビュー(リベンジ)(済)


●来シーズン中にできれば収録したいと考えているもの

E231近郊 未更新(済)
251系 ライナー(済)
103系 播但線(済)

秩父鉄道 元東急
小田急 30000更新
メトロ 7000系
メトロ 8000系
メトロ 丸ノ内線
都営 6300形(済)
都営 10-300初期
相鉄 12000(済)
相鉄 20000(済)

阪急 7300系更新
阪急 8300系IGBT
阪神 8000系
阪神 9000系
京阪 1000系
近鉄 22000系
近鉄 22600系
南海 8300系(済)

石北本線 臨時快速(済)
北海道内気動車(済)

四国内気動車特急

阿武隈急行 8100


●いつか収録しようと考えているもの

東北本線 郡山→仙台
奥羽本線 秋田→青森快速
205系 浜川崎支線・鶴見線

383しなの(済)
373伊那路・ふじかわ
211(2連)・213

芸備線 広島~三次
山陽線 岡山→姫路

東武東上線 快速急行
阪神 9300系
大阪メ 66系GTOIGBT
 

イメージ 1


四国のキハ40・47

10年前の徳島県内ではウンザリするくらいよく見られたキハ40系列でしたが、今となっては朝夕に走るくらいになってしまいました。
必然的に収録が困難な列車多く、あの時もっと録っていたらなと思いますが、こればかりは仕方ないですね。
昼間時でもツーマン2連が普通に走っていたあの頃…
いい時代でしたね。
また機会を見て収録に行きたいです。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7

牟岐線 特急むろと

来月の改正で牟岐線のダイヤが大きく変わります。
徳島~阿南で昼間時パターンダイヤを導入するほか、現在3往復ある特急むろとが1往復に減便されるのでその前に収録に行ってきました。
イメージ 1
収録に使ったのは四国みぎした55フリーきっぷ
5,500円で徳島~海部~甲浦~室戸~奈半利~後免~高知の鉄道・バスが3日間乗り放題。しかも特急も料金なしで乗れる、牟岐線収録の強い味方です(笑)。
まずは宍喰駅まで自家用車で行き、6時の営業開始とともにきっぷを購入。
そして甲浦まで走り、車を置いて牟岐線直通便を収録。
イメージ 2
牟岐からは本命の特急むろとでひたすら往復し続けるというアホプランです。
個人的にキハ185は私の大好きなキハ58・65を追い出した憎いやつではあるんですが、飾り気のないシンプルな内外装、軽快でパワフルな走りが結構好きです。イメージ 3
徳島行きむろと2号は一番前の最前列の席で収録。
ちょっとした前面展望が楽しめるとっておきのシートです。
収録のほうは、やはりラッシュ便ということもあり阿南から少しゴミゴミしてしまいます。温水暖房に使われる水が配管から漏れ出して、車掌さんがしょっちゅう拭いて回っていました。そう、キハ185も若く見えるけど30歳を超えてるんですね。そりゃガタも来ますわな。
イメージ 10
復路のむろと1号も同じ編成。
こちらはいい環境で収録できました。
私の乗っていた前の車両は最高で5人しか乗っておらず、減便も仕方ない気がしました。
イメージ 4
そして牟岐から乗るのはむろと4号。
車掌さんにも顔を覚えられてしまいました。
環境はいいもののビビリ音が少し気になる箇所がありました。
日和佐、由岐、阿南で少しずつ乗客を拾いますが、徳島到着時でも15人に満たない乗車でした。
徳島到着後は一度駅を出て、駅前のホテルにある温泉で休憩。
駅前で徳島ラーメンを食した後は、車を牟岐まで移動するために普通列車で甲浦に戻ります。
ついでに牟岐→海部と海部→甲浦を収録。
徳島→牟岐は話し声とビビリ音のため収録せず。
車で牟岐に到着後は、むろと6号を収録。
阿南まではガラガラでしたが、阿南からは仕事終わりの客が大量に乗車。
座席も半分以上埋まり没となりました。
この便くらいは残してもいいと思うんですけどね。
イメージ 5
そして徳島からは阿南までホームエクスプレス阿南で往復します。
南行きはラッシュ方向ということで半分の席が埋まります。
徳島行きは貸切状態でしたが、ビビリ音が酷いため没。
イメージ 6
そして最後はむろと5号。この便は牟岐から先の海部まで足を延ばします。
阿南までは4割ほど座席が埋まっていましたが、単品客が多くいい環境でした。1号と5号は停車駅が多めです。
牟岐からは普通列車となり、貸し切り状態。次回の改正では牟岐で分割されてもおかしくないですね。
イメージ 7
海部からは折り返しの牟岐行きに乗車。
ビビリ過多のためボツ。いい環境の時に限って盛大なビビリ音にやられます。
今回の収録旅行で一生分のキハ185に乗った気がします(笑)。
また編集が終わったらチビチビ公開していきますので、よろしくお願いします。
イメージ 8
イメージ 9

四国三郎の俺的走行音ランキング(2018年収録分)

毎年恒例、1年間の収録の思い出(笑)を振り返るこの企画。誰得なのによく続けますねと突っ込まれそうですが、なんだかんだで5回目となりました。

2018年収録の走行音を四国三郎の主観で格付け。

未公開のものもありますが、近々公開するので待っててね。

2018年はジュニアが誕生したので、音鉄も愈々終わりかなと思っていましたが…タバコ、酒、ギャンブル然り、人間そんな簡単にヤメラレマセン。以前よりも東京や大阪の電車の収録が減ってしまった印象。あとは名鉄沼に入ってしまったことも大きなイベント(?)でした。このほか9月に北海道に行こうと計画していましたが、震災の影響で中止。くそうくそう。

●10位  185 はまかいじ 横浜→松本

今後の処遇が心配される185系。当サイトでは今まで踊り子、あかぎ、湘南ライナーなどを公開してきたが、最後の大物はまかいじを録るなら今しかないと、重い腰を上げて収録してきた。約3時間半デッキでの収録となり足腰が超辛かった… 貴重となった信濃路に響くMT54サウンドは勿論のこと、3種類のチャイムや回復運転など聞きどころ満載。


2019年から関電トロリーバスが蓄電池式の電気バスに変更されるということで記念に。2往復したが、特に最終は貸切の環境で収録できた。まるで路面電車のような音が特徴。
イメージ 1


音鉄人生15年間で避け続けてきた名鉄沼にとうとうIN。折角だからと看板列車のパノラマスーパーで収録。満点の環境ではなかったが、一発でそこそこの音を仕留められたと思うと良かった良かった。

●7位  名鉄6500 内海→太田川

帰省のついでにちょっと寄り道して収録。日曜深夜で、しかも6連のためガラガラ。1時間近く貸切に近い状態で収録できた。

●6位  名鉄100 岩倉→豊田市

デザインにおいては個人的に現役の日本の鉄道車両でトップレベルのダサさ(褒め言葉)だと思う。どんな音がするのだろうと逆に気になり、下調べもそこそこに取りあえず挑んだらあっさり成功。阪神9000とかでおなじみの三菱GTOサウンドだったが、同じ編成中にはIGBTも居るという奥深さ。
イメージ 2

●5位  115 新潟→越後曽根

以前omniechさんが朝の新潟発越後曽根行き、空いてていいよとツイートされていたのがずっと気になって正月休みに収録。6連で、しかも早朝故にマニアも殆どおらず終点まで最高の環境だった。復路の村上行きも新潟まで収録できた。なお、この収録の2ヶ月後E129系に変更された。

●4位  西武6000 準急 本川越→西武新宿

家でゴロゴロしながら、なんとなく運用情報のサイトをみていたら新宿線の6000が収録しやすそうな運用に入ることを知り、急いで車で埼玉へ向かい収録。準急とはいえ新宿線は駅間距離がそこそこある区間も多いので、いい走りを堪能できた。途中酔っ払い4人組が乗ってきそうになったが、隣の車両に乗ってくれてセーフ。心臓に悪い。

●3位  E353 特急スーパーあずさ 松本→新宿

晦日の最終スーパーあずさ。終点まで完全貸切。これ以上は言わないから、とりあえず近々公開するので聴いてみて。
イメージ 4

●2位  相鉄8000 特急 横浜→湘南台

年末の平日のお昼前、偶然空いていたので収録チャレンジ。乗客は合計で3名だけで皆とても大人しく、偶然にしては非常にいい環境で収録できた。IGBT化されても大迫力の音は健在。

●1位  115 快速 新井→新潟

以前から気になっていた115系新井快速。元々は485系6連で「くびき野」という愛称があった。115系化されると同時に3両に短縮。この編成の短さをクリアするのは元日しかないと思い、仕事終わりに新潟へ駆けつけた。予想通りの乗客の少なさで、一番混雑した妙高高原直江津も皆んなお行儀が良くて助かった。めちゃめちゃ飛ばすというわけでもないが、貴重な115系の快速運用を記録できた。この収録の2ヶ月後の改正で3往復あった新井快速は夜の新井行き1本を残して消滅。
イメージ 3



2019年は車両運がアップするといいなぁ。
ビビリ音、軋み、フラット、渡り板バッタンバッタンはもう勘弁!

関電トロリーバス ラストイヤー

関西電力トロリーバスが今年で営業を終了します。
年内の営業は11月まで。
来年からは急速充電式の電気バスとなります。

鉄道としての営業は今年で最後ということなので、収録に行ってまいりました。
私鉄走行音のページで公開中なので是非聞いてみてください。
新交通システムのような音です。

外観
イメージ 1
イメージ 2

内装
イメージ 3
イメージ 4
エンジンの排熱がないため、電車と同じ電熱ヒーターです。
イメージ 5
高地ゆえに夏は涼しく、冷房はありませんがバスにありがちな換気扇が付いています。

運転席
イメージ 6

イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
万が一車体に電気が流れた際に、地面に電気を逃がすための鉄球
イメージ 10
イメージ 11

イメージ 12