走行音の「牟岐海岸鉄道」

走行音の「牟岐海岸鉄道」ブログ

205系5000番台

武蔵野線で活躍する205系5000番台の収録に行ってきました。
IGBTに換装されています。

個人的には205系自体あまり好きではありませんが、そう遠くないうちに置き換えられそうな気がしたので早めに収録に行ってきました。
幕車も多く残存しており、東京駅に乗り入れる最後の幕車になるかもしれませんね。

武蔵野線の収録は難しく、収録するなら雨が降る日曜の朝がおすすめで、どちらかというと海浜幕張・東京寄りの車両のほうが空いています。
遅い時間になるとランドへの客や、部活の学生が乗ってきます。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

【走行音】103系 和田岬線

大阪環状線103系が引退するらしいので、和田岬線103系走行音を公開します。
大阪環状線103系走行音は公開済みです。

神戸の工業地帯、和田岬へ向かう路線。朝晩のみの運転です。
私が幼いころはキハ35・キクハ35による運転で、兵庫と鷹取を結ぶ回送用の
線路を走る列車とすれ違った記憶があります。
さて、今回の収録は土曜日ということもあり乗客も少なくいい環境です。
復路は貸切状態だったので窓を開けて収録してみました。
低運転台で体質改善もされておらず、グロベンや妻窓、扇風機が残る貴重な編成です。

走行音は↓をクリック

イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

107系 引退記念走行音

高崎地区の107系が引退するということで、最後に両毛線の走行音を公開します。
MT54とジョイント音がベストマッチ!

なんだかんだで結構な回数を収録してきましたが、あの座席はどうも苦手でした。
上信電鉄での活躍が楽しみですね。

イメージ 8
イメージ 7
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6

収録振り返り・収録予定

今シーズンも終わりましたね。
関東圏の録りたい走行音は大体録れたかなと思います。
一方関西は悔いの残る結果に。仕方ないか。

個人的には大井川7200系と上越線を収録できたのが嬉しいです。

●来シーズン必ず収録しようと考えているもの
201系(済)
205系5000番台(済)
京王 7000系 特急(済)
西武 S-TRAIN(済)
大阪市 新20系未更新(済)
阪急 1300系(済)
ことでん京急とか

●来シーズン中にできれば収録したいと考えているもの
121系
207系1000番台GTO車(済)
東急 8642F
小田急 30000更新
メトロ 7000系
都営 6300形
阪急 7300系更新
阪急 8300系IGBT
阪神 8000系
京阪 6000系(済)
京阪 1000系
近鉄 22000系
近鉄 20600系
南海 8300系
秩父鉄道 元東急

●いつか収録しようと考えているもの
芸備線 広島~三次
北東北の気動車(一応済)
東北本線 郡山→仙台
阪急 3300系
阪神 9300系
江ノ電吊り掛け

四国三郎の俺的走行音ランキング(2016年収録分)

この勝手な企画も3回目。
2016年収録分の走行音を自分の主観でランク付け。
未公開のものは近々公開するから、首を長~くして待っときや~

2016年は録りたいと思う列車を録れるダイヤで仕留め、去年一昨年のような冒険は殆どしなかった印象。
特急型の収録も少なかった。
今年はもっとアグレッシブに攻められるかな。

●10位 都営10-300R形 快速 橋本→本八幡
橋本で偶然遭遇したので収録。残り1編成(収録時)。
自分にとって特に馴染みがある電車というわけではないので、収録できるところまで収録するつもりで録音スタート。
結局終点までなんとか収録できたのだが、目の前に赤子連れや修学旅行生、新聞を持った爺さんが隣に座って来たりと心臓に悪い2時間弱だった。
大半の区間で停車中はボソボソと話し声が聞こえるが、どれも気になるレベルではなく、却って都会の電車らしさが出ている気がする。
イメージ 4

●9位 アルピコ交通 上高地線 3000系 新島々→松本
最終の松本行き。終点までほぼ貸し切りのいい環境だが、フラットが残念。
あと、回生ブレーキを使わないのでどこか物足りない感じがある。

●8位 113系 草津線 柘植→草津
深夜の8連草津行きはいつも簡単。ただ、車両のビビり音が問題で、以前もビビっていたので今回はリベンジ。
後半は遅れ気味だったのでいつもよりちょっと速く走っていたような気がする。
終点まで完全貸し切り状態だったが、録れるのが最初から分かっていたのでこの順位で。

●7位 能勢電鉄1700系 妙見線 妙見口川西能勢口(T車)
D-3-NHAコンプレッサのサウンドを記録するため、深夜の下り1700系をT車のコンプレッサ上で収録。
妙見口からときわ台までの1区間で寝過ごし客3人が乗っていたほかは貸し切り状態。
山下での時間調整の停車が心臓に悪かった。
イメージ 5

●6位 117系 湖西線 永原→京都
最終の京都行き6連。これも簡単だが、かなりの長時間収録になるのでやはり緊張する。
真夜中の近江路を颯爽と走る117系はカッコいい!

最終の加古川行き。2連ワンマンの後ろの車両で収録、この時間だと西脇市加古川以外ではドアが開かないので、少し音的には物足りない。
乗客は3人ほどいたが、皆驚くほどに静か。

●4位 313系 東海道本線 浜松←→豊橋
深夜の313系8連。往復とも収録できたが特に上りは最高の環境。
惜しい点は、往復とも車掌さんが発メロを一瞬で切ってしまうところ。

●3位 キハ120 関西本線 亀山→柘植
大陸系や花火大会の客にやられ5回近く失敗してやっと成功。
我ながらツキがなさすぎ。
イメージ 3

●2位 阪急6000系 神戸線 特急 梅田→神戸三宮
ダイヤ改正で消滅した朝ラッシュ明けの下り10連特急。その増結車で収録。
神戸線の増結用6000系は1編成しかないので収録しやすい便に入るかも運次第。
110km/hでカッ飛ばす6000系のモーター音を聴くことができる数少ないチャンスを捉えることができた。
イメージ 2

●1位 223系1000番台 湖西線 永原→京都
以前夜の永原発京都行きを223系1000番台で収録したのだが特大フラットがあった。
12月、そのリベンジに向かったら運よくまた1000番台がやってきた。
今回はフラットや軋みもなく、大津京まで貸し切り状態。
大津京から2人乗車があったが2人とも非常に静かだった。
223系ではこの番台でしか聴くことのできない、透き通るような日立のインバータのサウンドを素晴らしいコンディションで収録することができた。
イメージ 1